地盤改良杭の誘導・近接する日和大橋の変位計測システム導入インタビュー

東急建設株式会社様 モバイルダムシス 3Dバリア レーザーバリア パイルナビ-V 導入インタビュー
お客様
松尾建設株式会社
千住様(写真左) 清永様(写真右)
導入商品
モバイルダムシス
パイルナビ-P
システム稼働期間
2016年4月~稼働中
現 場
宮城県石巻市
工事名称
旧北上川右岸雲雀野町地区第二工区地盤改良工事
工事概要
旧北上川の地盤改良工事に伴う杭の誘導と、改良による日和大橋の橋脚の変位計測を行いました。
計測風景
ソーラー
フルノGNSS
杭打機

――システムを導入したきっかけは何ですか?

施工の見える化をしたいと協力会社に相談したところ、計測ネットさんを紹介してもらいました。
動態観測のシステムによる運用、ログや帳票を残したいという希望とマッチングしたので導入しました。

――お役に立てた点をお聞かせください。

モバイルダムシス
現場のタブレットや、現場以外でもよくデータを確認していたのでネットでいつでもどこでも見れるのが良かった。
管理値を超えたらメールが飛んで来るのと、画面の色が変わったのが分かりやすかったです。
また、データが蓄積されるので傾向が見れて参考になりました。
パイルナビ
杭一箇所一箇所の施工状況を確認できてよかった。

――お困りになった点をお聞かせください。

モバイルダムシス
海が近い現場のため、トータルステーションの管理に気を使いました。
鋼の橋を計測していたので、日照温度などによる変位なのか改良による変位なのか判断が難しかったです。
パイルナビ
重機の特性上杭の中心位置にプリズムを設置できずオフセット値を入れたため、精度にバラつきが出てしまった。

――改良点をお聞かせください。

モバイルダムシス
3次元変位を数字で表示するのは良いのですが、変位方向を図で表示してくれると尚良いですね。
どの方向にどれだけ動いたか測点毎に見れると分かりやすと思います。

――当社の今後への期待はありますでしょうか?

データ結果の解析までトータルコーディネートしてもらえると良いですね。

――当社スタッフの対応はいかがでしたか?

良かったです。難しいとは思いますが、夜中もフォローしていただけるとありがたい。

――ありがとうございました。
取材日:2016/09/16

3次元変位計測システム【Mobile DAMSYS -モバイルダムシス-】

3次元変位計測システム【Mobile DAMSYS -モバイルダムシス-】
自動視準トータルステーションを用いて影響が及ぶ可能性のある地盤や既設構造物の変位計測をすることで、3次元的に安全管理する自動変位計測システムです。機器の据え付けから計測開始までを簡略化してモバイル端末の操作を従来より簡素にするなど、簡単に設置から計測まで行えるよう設計いたしました。
NETIS無人監視データ閲覧
システム詳細

杭打設管理システム【パイルナビ-P】

杭打設管理システム【パイルナビ-V】
GNSS(GPS/GLONASS)を用いて重機の位置情報をリアルタイムに計測し、重機と設計杭芯座標までの位置関係を車載モニターで確認できます。
NETIS車載モニターデータ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求