羽田空港誘導路新設時の改良工事に伴う隆起監視

飛島建設株式会社様 ワイモス導入インタビュー
お客様
飛島建設株式会社
所長 松本様(写真右)
髙橋様(写真左)
導入商品
ワイモス
システム稼働期間
2016年11月~2017年5月
現 場
羽田空港
工事名称
東京国際空港国際線地区地盤改良等工事
計測概要
羽田空港誘導路新設において、耐震を目的とした地盤改良工事(CPG工法)に伴う周囲への影響(隆起)監視を行いました。
ワイヤレス受光センサー
センサー設置
回転レーザーレベル
管理用PC

――まずは工事内容を教えてください。

羽田空港の誘導路を新設するにあたり耐震(液状化対策)のため改良工事をすることになりました。
CPG工法で改良を行い、半年間ほぼ毎日施工していました。

――システムを導入した理由をお聞かせください。

モルタルを注入する際に隆起する可能性があるので動きを見たかったからです。

――ワイモスでどういった管理をされていましたか?

どこが動いてもすぐに分かるよう、コンパクションの周りを囲む形でセンサーを設置しました。
機器を現場まで運ぶ用に発電機搭載の車を採用し、そこからPCとパトライトを繋げた現地での管理です。
施工のステップ毎に設定した管理値を超えたらパトライトが光る仕様にし、警報が鳴った際には施工を中断して様子を伺っていました。
その状況を見て注入量の調整をしていたので、データはとても参考にしていましたよ。

――導入して良かったのはどういったところでしょうか?

0.1mmのデータがすぐに表示されるので、細かい動きを見ながら施工できて良かったです。
レベルの場合スタッフが風などで動いてしまうとデータを取れなくなりますけど、ワイモスはシステムでの運用なのでその点は安心しました。

――改善してほしい点はありましたか?

一番大変だったのは準備ですね。より安全な施工のためと何十台ものセンサーを導入したので、毎晩撤去と設置をするのが一苦労でした。
後はコンパクションの周囲全部を測るとなると、回転レーザーからセンサーが死角になる場所がどうしてもできてしまうことです。レーザーを増やせば解消されるとは思いますが。

――他にも、トラブルがあったと伺っています。

システムを複数台導入したのですが、一部のPCが動かなくなって困りました。
PCの設定を修正してもらうこともできましたが、工期の終盤だったこともあり、他の正常なPCにセンサーをつなぎ直すことで調整しました。

――当社スタッフの対応はいかがでしたか?

良かったです。説明や現場対応をしてくれた方(開発担当)にとても良くしてもらいました。

――ありがとうございました。
取材日:2017/6/1

ワイヤレス沈下センサー【ワイモス】

ワイヤレス沈下センサー【ワイモス】
高精度のワイヤレス式沈下センサーと回転レーザーレベルを用いて、近接工事等の影響による沈下・隆起状況を計測します。無線通信で変位値データをリアルタイムに表示します。
※ワイモスならびにリキムスは、東日本旅客鉄道株式会社と共同開発した計測システムです。
ワイヤレスモバイルモニターデータ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求