当社のシステムが導入されたダム現場

弊社設立当初から現在に至るまで全国各地の現場に関わってきました。
これから盛んになってくると予想される維持修繕、既設ダムの再開発に向けてこれまでの実績をご紹介します。
堤体・法面の変状監視や定期的なメンテナンス、通信構築業務やダム湖堆砂測量などあらゆる計測を担います。

活用シーンと当社のシステム

堤体表面変位を自動計測

地震発生後や急な水位上昇時の堤体の監視をリアルタイムで行います。埋設計器を設置できない既設ダムにも適用可能です。
ダム堤体表面変位計測

法面変状を24時間監視

掘削工事に伴う法面の変状を24時間監視します。ダムは上空が開けているのでGNSSでの計測も多く手がけています。
ダム法面変状監視

ダム湖堆砂測量

GNSSや自動追尾トータルステーションを使用して指定横断海の堆砂測量を実施し、省力化に貢献します。
ダム湖堆砂測量

従来の計測方法とのデータ一元化と比較

他埋設計器のデータと一元化

当社でインターネット環境の構築・データ取得の設定をして、既に設置されている他埋設計器のデータ情報を受け取ります。過去の計測機器データを取得することにより複数の管理データを見る手間が省け、一括管理が行えます。
プラムラインのデータと一元化
ダム標的装置との比較表

自動視準トータルステーション

GNSS(GPS/GLONASS)

ダム標的装置

観測概念 観測場所に設置したトータルステーションから放たれる光波を使用し、測点の反射プリズム位置の3次元データを取得後、専用計測処理ソフトウエア上で解析することによりダムの動態変位を観測する。 予め定めた観測ポイント上にGPSアンテナと受信機を据付、GPS衛星から発信される電波を一定時間時間受信し測点デーを取得する。取得データは専用解析ソフトにより演算され、ダム動態変位値を出力する。 予め定めた観測ポイント上にセオドライト(トランシット)と移動標的を据付、望遠鏡で標的上のスケールを直読することによりダムの変位を観測する。上下流方向と、鉛直方向の観測は、別々の方式で観測を行う。
観測イメージ 自動視準トータルステーション GNSS(GPS/GLONASS) ダム標的装置
現場測定員 0人 0人 2~4人(水平、鉛直同時作業)
使用機材 自動視準トータルステーション、反射プリズム GNSS セオドライド、レベル
測定方法 3次元自動計測 3次元自動計測 測点に直接計器を設置して手測り
データ閲覧 インターネットブラウザー インターネットブラウザー なし
成果品出力 専用ソフトで自動処理→出力 専用ソフトで自動処理→出力 野帳より手で計算
確認手段 即時データ解析→閲覧 即時データ解析→閲覧 後解析結果で確認
記録方法 PCのデータベースへ直接記録 PCのデータベースへ直接記録 野帳へ手で記入

機器設置方法色々

【トータルステーション】
【トータルステーション】
【観測小屋】
【プリズム<ロックフィルダム>】
【プリズム<アーチダム>】
【プリズム<重力式ダム>】
【GNSS受信機<ダム堤体>】
【GNSS受信機<法面>】
【GNSS受信機】
お問合せ・お見積り・カタログ請求