計測ネットサービス株式会社

計測ネットサービス株式会社

施工領域安全監視システム2Dバリア

面状のバリアで侵入管理

レーザースキャニングセンサーのレーザー光で面状にスキャニングしてバリアを作り、バリアに進入する物体を検知して警報を発令する安全監視システムです。

  • 道路の近接工事における安全管理道路の近接工事における安全管理
  • 近接工事における安全管理近接工事における安全管理
  • 道路の近接工事における安全管理
  • 近接工事における安全管理

機能・特徴

UXM-30LAH-EWAtd

UXM-30LAH-EWAtd
レーザー保護クラス クラス1
走査角度 190°
角度分解能 約0.125°(360°/2880分割)
検出距離 最大80m(エリア設定最大値)
保護構造 IP67
使用周囲温度 -10℃~+50℃

LMS511

LMS511
レーザー保護クラス クラス1
走査角度 190°
角度分解能 0.25°~1°
測定距離範囲 最大80m/黒色無光沢26m~40m
保護構造 IP65/IP67(防水性)
使用周囲温度 -30℃~50℃

導入実績

東急建設株式会社様Interview

東急建設株式会社様

護岸拡幅改築工事において、工事の影響による護岸の変位計測、打設する鋼管杭の精度管理、橋桁とクレーンの離隔管理

詳しく見る

関連商品

施工領域安全監視システム3DバリアNETIS登録:KT-140100-A

施工領域安全監視システム3Dバリア

クレーンなどの重機の位置情報をリアルタイムに測定し、施工エリア外の領域に立入った場合に警報を発令し危険を通知するシステムです。

詳しく見る