計測ネットサービス株式会社

計測ネットサービス株式会社

ソリューション 保線Maintenance of way

保線工事における軌道検測工

土木で普及している情報化施工管理を保線工事の現場で活用できるシステムトラックステーションご紹介します。
レールや枕木の計測箇所にプリズムを設置して、その動態変位を計測します。軌道計測専用に作られたシステムで、取得データは3次元の変位計測にも適用できます。計測機はトータルステーションを使用し、計測箇所にはマグネット式プリズムや、従来の軌道検測器の代わりにプリズムを搭載した検測棒”プリズムゲージ”を設置します。

3次元座標で検測

トラックステーションの計測精度

右記グラフの通り、トータルステーションとプリズムゲージによる本システム・トラックステーションの測定結果は、従来の軌道検測とほとんど同じ結果を出力します。従来の手測り検測では(丸めてしまうため)大きめな数値となってしまうので、より正確な計測結果が得られます。

また、保線工事における従来の検測は計測結果の単位がmmに対して、トラックステーションは単位が0.1mmの精度の数値の計測結果となっています。

  • 計測精度比較グラフ計測精度比較グラフ
  • 計測精度比較グラフ計測精度比較グラフ
  • 計測精度比較グラフ
  • 計測精度比較グラフ

3次元座標(絶対座標)で検測

軌道を走行するだけで左右レールの3次元座標を出力するシステムです。軌道の管理項目である「軌間」「水準」「高低」「通り」「平面性」の相対値の算出も行います。取得した座標は計画線との差分計算をすることで、従来の軌道整正あるいはマルタイ車でのレール面整正に使用することが可能です。

当システムで取得したデータから計画線を引き、マルタイ車に入力することでこれまで不可能だった絶対的な線路整備が可能となります。
トラックステーション4

従来の計測方法とのデータ一元化と比較

従来との比較

軌道検測システム導入の比較表

トラックステーション1

従来測定(手測り検測工)

観測イメージ 従来工法 トラックステーション1
作業人員 2人
トラックステーションに1名、プリズムゲージ取付者1名の計2名(無線使用時は1人)
3~4人
10mの水糸の両端に2名、読み取る者1名の計3名
(軌間・水準を同時に検測する場合は4名)
使用機材 自動基準トータルステーション/プリズムゲージ/ハンディターミナル/コロ丸(移動台車) 水糸/軌間ゲージ/レベル
測定方法 光波による3次元測定 使用計器から値を直読み
記録方法 ハンディターミナルへダイレクト入力 野帳へ記入
記録表時 データ取得後、即画面に結果表示 後処理にて結果表示
記録簿 ハンディターミナルからの「仕上がり状態検査記録簿」を一括出力 Excel等で演算後に出力