計測ネットサービス株式会社

計測ネットサービス株式会社

遠隔支援システムK-Link

スマートグラスとK-Cloudを使用して
テレビ通話を行うシステムです。

現地での作業を遠隔から映像で、確認・誘導・具体的な指示をすることができます。リアルタイムで共有するから立会検査や技術指導が円滑に進みます。もちろん、画面に文字やフリーハンドでの書き込みが可能。国土交通省が推進する遠隔臨場システムにも対応しています。
  • K-LinkK-Link
  • ハンズフリーAndroidスマートグラスハンズフリーAndroidスマートグラス
  • 装着時作業風景装着時作業風景
  • K-Link
  • ハンズフリーAndroidスマートグラス
  • 装着時作業風景

機能・特徴

画面共有
スマートグラスに1,600万画素のカメラが搭載されており、作業者が見ている風景をK-Cloudを通して作業指示者も見ることができます。

音声・画面での指示
K-Cloud上で操作することで、音声での指示出しや、画面に直接指示を書き込むことで円滑なコミュニケーションを図れます。

国土交通省が推進する遠隔臨場対応
2020年3月に国土交通省が発表した建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(案)に準拠、「段階確認」「材料確認」と「立会検査」を遠隔地で行うことが可能になりました。

  • システム画面システム画面
  • 概略図概略図
  • システム画面
  • 概略図

関連商品

K-Cloud
施工現場で計測している機器・センサーを一元管理して、一つの画面でご覧いただくことができるサービスです。
バイタルモニター
腕時計型の生体センサーから体調情報を、スマートフォンから位置情報を取得し、WEBブラウザ(K-Cloud)のGoogle map上に表示します。
マルチサイネージシステム
工事看板や工程表、振動騒音や気象情報、ネットワークカメラといった情報を表示し、近隣の方々に向けアピールに活用できます。