計測ネットサービス株式会社

ペンタテクノサービス株式会社様

グループ長 山口様|八木沢様

デジタルサイネージとIoTを活用した作業員への注意喚起と情報周知

導入製品
マルチサイネージシステム 気象情報モニタリング
稼働期間
サイネージ:2018年4月~稼働中
取材日
2019/1/17
現場
栃木県那須塩原市

インタビュー

運用について

複数ある施設各所にデジタルサイネージを設置し、インターネットを介して同じ情報を各現場の作業員に公開しています。天気予報、気象情報とWBGT、社内安全ポスター、連続無災害の日数といった情報を基本的に流し、来客情報やその日のトピックスに合わせた表示も行っています。

システムを導入していただいた経緯を教えてください。

データ収集・閲覧用ブラウザ画面『ペンタクラウド』を作ってもらっており、ペンタクラウドと連携したシステムとして営業さんからマルチサイネージシステムの提案をしてもらって導入しました。
注意喚起や情報公開での安全確保だけでなく、IoTや最新技術を身近に置くことにより取り組みを社内全体に周知することにも繋がると考えています。

システムは満足のいくものでしたか。

ペンタクラウドは見やすく、サイネージに映す内容を編集するアプリも使い勝手が良いです。直感で操作できますし、テキストや画像の自由がきくのも良かったです。※遠隔PCの専用アプリで設定してサイネージに反映

改善点がありましたら教えてください。

表示するコンテンツをスケジュールで事前に設定したいですね。例えば「●月●日●時~●時まで▲▲▲を表示」といった内容で先に登録できれば、変更するたびに発生するPC作業が減るので。

これからの展望をお聞かせください。

サイネージは最初インパクトが凄いのですが、毎日見ているとどうしても徐々に景色になってしまうことを懸念しています。日々コンテンツを変えたり作業員に密接した項目を増やし、見てもらう機会を減らさないようにしていきたいです。具体的な案としてはバイタルモニターのようなシステムを活用して、体調や位置を管理して施設全体の状態を表示するなど。
また、設置する場面によって適材適所があるので「看板に特化する方が良い」「タッチパネルで操作できた方が良い」という意見が出てきます。表示内容が一定時間で切り替わるので、流れた情報をさかのぼって見たい時や朝礼の時などはタッチパネルが適していると思いますが、金銭面含め判断の難しいところです。

スタッフの対応はいかがですか?

かってます。こちらの手間がかかっていないです。
これからも色々協力しあっていければと考えています。

導入した製品

今回導入した製品はこちらになります

Product

製品情報

お電話でのお問い合わせ
03-6807-6466

受付時間|月~金 8:45 - 17:45

メールでのお問い合わせ