計測ネットサービス株式会社

古河産機システムズ株式会社様

平山様

道路橋梁の建設にあたり、平行する京成線のエリアにクレーンが侵入しないように、3Dバリアで安全管理

導入製品
3Dバリア®
工事名称
社会資本総合交付金工事(仮称5号橋上部工)
稼働期間
2015年8月~2015年9月
取材日
2015/9/5
現場
千葉県印西市

インタビュー

システムを導入していただいた経緯を教えてください。

本社の技術提案です。クレーンの位置をオペレーターさんと私(平山様)とで共有したかったので、3Dバリアのモニターを両方で見れるようにしました。

従来はどういう方法で対応していましたか。

レーザーバリアと監視員による目視確認

運用されている方はどなたでしょうか?

私(平山様)とオペさんです。レーザーバリアと併用しています。

導入時の現場の方の受けはどうでしたか?

オペさんからは画面が見づらい、判りづらいと言われました。緑の◎(ブーム位置)に対する5Mラインと実際にラインが分かりにくかった。

システムを導入した効果をお聞かせください。

クレーンのブームの位置の見える化できたことが良かった。
障害物で目視確認できなくても位置が分かります。

お困りになった点をお聞かせください。

クレーンの陰になってプリズム視準がロストしてしまうことがあり、その度に設定しなおさなければならなかったので、オペさんにも負担をかけました。

想定外の効果とデメリットはありましたでしょうか?

特になし

今後システム化したい仕事はありますでしょうか?

計測の自動化

スタッフの対応はいかがでしたか?

全く問題なし。何かあった特にすぐ対応してくれて助かりました。

導入した製品

今回導入した製品はこちらになります

Product

製品情報

お電話でのお問い合わせ
03-6807-6466

受付時間|月~金 8:45 - 17:45

メールでのお問い合わせ