計測ネットサービス株式会社

3Dブリッジ

橋梁桁変位自動計測システム NETIS登録 KT-130050-VE
3Dブリッジ

施工しながら設計値と桁の位置を 3次元座標で比較して架設品質向上

橋梁架設の桁の位置情報を自動視準トータルステーションで3次元自動計測するシステムです。現在の実測値と計画高(設計値)との差分を表示することで品質向上と、計測のために作業を中断させる必要がないので作業効率向上に貢献します。
データは現場事務所のPCまたは遠隔地の端末からWEBブラウザ(K-Cloud)で閲覧できます。

機能・特徴

  • 張り出し工法/斜張橋架設端部にプリズムを設置してトータルステーションで計測し、座標データを取得します。

    送り出し工法GNSSアンテナを手延の先端と桁の前方・後方に設置して座標データをリアルタイムに取得します。

    クレーンベント工法桁にプリズムを設置してトータルステーションで架設後の設計値とのズレを計測します。

    ケーブルエレクション直吊工法受梁の位置とワイヤー滑車位置を計測することにより、架設中の橋体変形や桁の架設位置が確認できます。

    • 構成図
      構成図
    • 張り出し工法/斜張橋架設
      張り出し工法/斜張橋架設
    • 送り出し工法
      送り出し工法
    • クレーンベント工法
      クレーンベント工法
    • ケーブルエレクション直吊工法
      ケーブルエレクション直吊工法

オプション

  • 桁送り出しモニターシステム

    桁送り出しモニターシステム

    桁先端にプリズムをつけてトータルステーションで位置を追尾し、先端が任意のポイントを通過する際にパトライトを点灯させるシステムです。

  • 桁形状予測システム

    桁形状予測システム

    最初に据えた桁の設計位置にプリズムを複数個設置し、桁の位置と設計値を比較したズレ量から次以降のズレ量を予測するシステムです。

KT-130050-VE

3Dブリッジ

橋梁桁変位自動計測システム

施工しながら設計値と桁の位置を 3次元座標で比較して架設品質向上

Case

3Dブリッジの導入実績

             

施工現場3000件以上の実績。幅広い現場で導入頂いております。

Product

製品情報

お電話でのお問い合わせ
03-6807-6466

受付時間|月~金 8:45 - 17:45

メールでのお問い合わせ