計測ネットサービス株式会社

計測ネットサービス株式会社

3次元測量システム3D-Field -3Dフィールド-

現場が3次元で「見える」

あらゆるデータを3Dで表示させ、現実の動きと端末内の動きがリアルタイムに連動することで直感的な操作での測量作業を実現しました。

既存構造物の作成はもちろん、BIMやCIMのデータを3D化することにより、完成をイメージした画面での操作が可能となります。

自動追尾トータルステーションを使用することにより「位置出し」「TINでの面管理」といった基本的な測量を1人で行なえます。

▲イメージ動画
※カクつくところがありますが実際はスムーズに動きます。

機能・特徴

ワンマン測量

端末操作で測量器の旋回やサーチができるので、測量器側の人員は必要ありません。ボタン一つで目標位置へ旋回させることができます。

3Dデータで現場を自由に作成

CADソフトで作成したモデル等の3Dデータを自由にインポートできます。タッチで直感的に操作でき、視点の移動・拡大縮小・回転が可能です。

TINでの面管理

TINの構成はシステムが自動的に行い、計画面の形状は3Dで表示するので仕上がりのイメージが容易です。他のソフトで作成したLandXML形式の面データもインポートすることができます。

  • 画面右下のリモコンでTSを操作画面右下のリモコンでTSを操作
  • 3次元座標を視覚化3次元座標を視覚化
  • TINでの面管理TINでの面管理
  • 端末イメージ -トップ画面-端末イメージ -トップ画面-
  • 画面右下のリモコンでTSを操作
  • 3次元座標を視覚化
  • TINでの面管理
  • 端末イメージ -トップ画面-
対応項目
OS Windows10
計測用端末 Panasonic
FZ-M1, CF-20
入力形式 DXF(3Dモデル)
LandXML(線形データ)
CSV(測点)
測量機 Leica/TS-16, MS60等
Sokkia/SX, SRX, NET, iX等
Topcon/GT, PS等

関連商品

工事測量ガイダンスシステム 測構ナビ3DNETIS登録:KT-160072-A

工事測量ガイダンスシステム測構ナビ3D

道路附帯構造物を設置する際に"丁張なし"で、位置出しや床掘から構造物の据付までの一連の作業が可能となります。

詳しく見る

杭芯位置出し誘導システム ステイクポイント

杭芯位置出し誘導システムステイクポイント

GNSSを使用して現在位置と杭芯位置が同時に画面表示され、測量作業が一人で行えます。

詳しく見る